予防処置 PREVENTION

当院の予防処置

一人ひとりに合わせた予防プログラムを考えます

今まではむし歯や歯周病で歯が痛くなってから歯科医院を受診し、治療を行うという患者さんが多かったと思います。
しかし、それでは皆さんの大切な歯を段々と失うことになってしまいます。むし歯治療を繰り返すことで、少しずつ健康な歯は失われ、最終的には抜歯に至ることも珍しくありません。
「予防処置」とは、むし歯や歯周病で悪くなった部分を治療するのではなく、定期的なクリーニング、清掃指導によって、お口の中を健康な状態で長く維持するという考え方です。
きたのもんファミリー歯科では、患者さんのお口の中の状況に合わせた予防プログラムを、国家資格を持つ歯科衛生士により実践しています。
「痛い所だけの治療」ではなく、将来をみすえた「歯を守る予防・治療」を提案しております。

当院の予防処置
こんな方におすすめです
    • むし歯や歯周病を予防して健康な状態を維持したい
    • ヤニをとりたい
    • お口の中をキレイにしたい
    • 着色汚れをとりたい

予防の大切さ

歯科先進国と言われるスウェーデンでは、80歳で自分の歯が残っている平均本数は21本で、日本人の平均本数の2倍以上です。スウェーデンの人たちは定期的に歯医者に通院して予防処置を受けることが当たり前と考えています。ほとんどの方が歯医者は治療のためではなく、歯石などの汚れを除去したり、歯ぐきの健康チェックとむし歯・歯周病予防のために通院しています。
一方、下のグラフでわかるように、日本人のメインテナンス受診率はわずか2%です。高齢になっても自分の歯で、制限無く楽しく食事ができるように、定期的に歯医者に通院するようにしましょう。ケアに対する意識の違いが、スウェーデンの人たちと日本人の大きな差になって現れています。

  • 80歳での残存歯数
  • 定期的に歯科医院でメンテナンスを受けている人の割合

当院のメンテナンス

ご希望の方には、専任の衛生士にて処置を行います。
お気軽にお申し付けください!

スケーリング・PMTC

歯科衛生士が専用の器具を用いて歯のクリーニングを行います。
スケーリングでは歯石(プラーク)の除去を行い、PMTCでは毎日のブラッシングでは取り除くことができないバイオフィルムを除去します。
また、PMTCを行うことで、歯の表面がツルツルになり、汚れが付きにくい状態になりますので是非お試しください。

スケーリング・PMTC
口腔環境検査

口腔環境検査

お口の中の細菌の種類や数、歯や歯ぐきの状態を検査します。お口の中の状態をしっかりと把握した上で一人ひとりに合う適切な予防プログラムをご提案いたします。
また、当院ではダイアグノデントというレーザーでむし歯を診断できる機器を導入しています。
ダイアグノデントを使用することにより歯を傷めずにより深いむし歯の診断ができるようになります。

ブラッシング指導

一人ひとりのお口の状態に合ったブラッシング方法、歯ブラシの選び方をアドバイスしています。
毎日の正しいブラッシングで、むし歯や歯周病を予防しましょう。
また、デンタルフロスなどの補助清掃用品の活用方法もアドバイスしています。

ブラッシング指導